神戸大学医学部ヨット部

神医ヨット部のホームページです! @kobe_med_yacht

夏新

西医体が終わり、新たに副将・470リーダー・セガール担当となりました、末廣です。私はリーダーの柄ではないので、無理せず自分なりに全力で真摯にセーリングに取り組みたいと思います。これから宜しくお願い致します。

 

さて今週は夏新があり、1回生の藤健と長野と出ました。まずは楽しく、そしてスタートを攻めまくって、相手がいる中で走ることを目標に立てていました。台風の影響もありつつ、1日目は南、2日目は北で振れとブローの差が大きい中5レースやりました。

 

スタート:全体的に1分半前にはほぼスタートライン上にラインが形成され、そこでじっと止まり、最後にイッキに加速するスタートを周りはしていました。私は待っている間にパワーを失いすぎて、最後に全くスピードがつかず、スタート後まともに走れたのは下に広大なスペースがあった2レースだけでした。

 

クローズ:ブローに翻弄され、船が安定しませんでした。クルーの2人は非常にヒールトリムが難しかったと思います。ワーワー口出ししてたら、角度がおかしかったりセールがあってなかったのが大反省です。あと、自分のすぐ近くで走っている船がいたら、周りにいる船とは勝負できていたのですが、一人で走っているときがひどかったです。

 

フリー:ちゃんと上りあわずに落として行けたときは、勝負できていたと思います。ブローがない時も落とそうとしたり、上りすぎでセールがガチガチでとても遅かったりしたので、安定したパワーで走れるようになりたいです。

 

ランニング:コース取りは悪くなく、あんまり順位を落とした感じはなかったです。ジャイブは1日目の最後ぐらいにようやく勘をとりもどしたような...?で終わってしまいました。

 

総じて、なかなか思うようにいかず、まだまだだと痛感しました。でも最後のレースは今までで一番いい順位がとれたというのと(といってもしれてますが)、久しぶりに英語なく全レースに出たのでうれしかったです。今回は同じようにスタートへこんだ周りの船とは戦えた、フリーとランニングで少し巻き返せたというのが収穫でした。課題は山ほどあるので、秋からの練習へのいいモチベーションとなりました。

 

最後になりましたが、レースに出ていただいた藤井さん・藤澤さん・岡田さん、運営に来ていただいた細川さんありがとうございました!

広告を非表示にする