神戸大学医学部ヨット部

神医ヨット部のホームページです! @kobe_med_yacht

関西ヨット春期選手権大会

こんばんは。主将の藤井です。

昨日で春新が終わりました。エントリー艇数54艇と学連レースとしては規模が大きかったです。5/4は風向200度ちょいぐらいで爆風が吹き荒れていました。アベレージ7,8ぐらいはコンスタントに入っていたかなと思います。波は今まで経験してきた中で最も高くMAXブローは10を越えるとてもシビアな中でのレースとなりました。

1レース目はスタートが大失敗してしまい、最後の流し込み回航前にブローと波に大きくあおられてしまいマークを回り直し、40位と順位を落としてしまいました。

2レース目は気を取り直して頑張りましたがクローズが全く歯が立たない。フリーと追っ手でかなりの艇を抜き去りました。結果25位。

3レース目はさらに吹き上がってきたため危険と判断しリタイアしました。

5/5は5/4以上に風が吹き荒れました。風向は240前後、アベレージ8,9mは吹いていたかな。MAXブローは14mとの噂も。

4レース目はまだ風が落ち着いて6m程だったもののやはりクローズでは体重で負けているか歯が立たず、ダウンでかなりの艇を抜き去り22位。まぁ、そこそこ納得。

5レース目はもうアベレージが9mと我ら藤井/谷田の神医最軽量ペアは歯が立つわけもなく何とかクローズを凌ぎ同じくダウンで抜く戦法。結果23位とこれまたそこそこ納得。ただこの時点で15艇ほどがリタイアしていました。

6レース目はこれが最後のレースと決め出走しました。風速とレース内容は5レース目と同じです。結果23位ともはやお馴染み。このレースでは20艇がリタイアしていたと思います。

7レース目は危険と判断しハーバーバックしました。

ただ、レース結果の紙がなぜかリタイアになっていたりと(リタイア申告書の問題?)よくわからないので自分の順位をまとめておきます。こちらを参考ください!

藤井/谷田 40/25/Ret(54)/22/23/23/Ret(54)

この春新を通して感じたことは強風はクローズを耐え凌ぎダウンで抜く。これに尽きると思いました。ただ、1度も沈をせずこのレースを走りきったことは自分でも成長を感じました。クローズが遅いのは体重を言い訳にしたくはありませんが、やはり体重がものをいうなと思います。その分どの艇よりもダウンは速くとの意識を持ち走っています。

僕らのペアとしてのターゲットウィンドではないこの風域で20番前半をコンスタントに取れるようになってきたことは事実です。これがターゲットウィンドになったときにどうなるのか、それがこれからの課題であり目標です。残り少ないレースでどのような風が吹くかはわかりませんが、この2日間のような強風レースはもうないと思います。とてもいい経験となりました。

また、クルーの谷田もここに来てすさまじく成長をしてきていると感じました。まだまだタクティクスの面、動作面では正クルー二人ともに言えますが完成の域に達していません。厳しいことを言うようですがもっともっとクルー同士で意見を交わし、スキッパーに質問し、成長をしてくれることを期待しています(^o^)

自分の課題としては、もっと細かなメントリ・タックの失速の軽減・スタート時の小技・クルーとのもっと多くの共通認識を持つこと・マーク回航の動作、結論全ての動作です。1回1回の練習で何をどうしたらいいのか、最近本当にそればかり考えています。まずはひとつひとつ丁寧に課題を無くし時間を最大限有効に使いたいと思います。

最後になりましたが、今回レース運営にご協力くださいました、まほさん、上田さんありがとうございました。

また、レースに出ていただいたしらやんさん、かおりさん本当にありがとうございました。

広告を非表示にする